「ある女流作家の罪と罰」が観れる動画配信サイト・レンタル価格一覧

「ある女流作家の罪と罰」が観れる動画配信サイト・レンタル価格一覧 海外映画

「ある女流作家の罪と罰」のVOD各社での動画配信状況・レンタル価格を一覧にて記載しております。

また、条件があえば実質無料で観ることができる動画配信サイトも多数ありましたのでその方法も解説しております。

調べた動画配信サイトはU-NEXT、Netflix、hulu、ビデオマーケット、amazonプライム 、dtv、TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS、TELASA(テラサ)、FOD(フジテレビ・オン・デマンド)、music.jp、ぽすれん、Paravi、YouTube、Google Play、クランクイン!ビデオの15社です。

「ある女流作家の罪と罰」が観れる動画配信サイト

※本作品の配信情報は2019年6月19日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況については各ホームページもしくはアプリをご確認ください。また、使用環境、動作環境も各ホームページでご確認をお願いします。

「ある女流作家の罪と罰」レンタル価格・配信状況一覧

VODサイト 配信状況
Hulu ×
Netflix ×
U-NEXT ×
ビデオマーケット ○ [540円]
dTV ○ [500円(税抜)〜]
amazonプライム
TSUTAYA ○ [500円(税抜)〜]
FODプレミアム ×
TELASA(テラサ) ○ [500円(税抜)]
music.jp ○ [540円]
ぽすれん ○ [DVDレンタル]
Paravi ×
YouTube ○ [500円〜]
Google Play ×
クランクイン! ○ [500円(税抜)]

上記表の動画配信サイトの名前をクリックすると各サイトにジャンプできます。

実質無料またはおとくに観れる動画配信サイト

実質無料またはお得に観る方法は以下で説明しています。

「ある女流作家の罪と罰」が実質無料で観れる動画配信サイト

条件があえば、実質無料で「ある女流作家の罪と罰」が観れる動画配信サイトを紹介します。

TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV

 

「ある女流作家の罪と罰」(字幕・吹替)はレンタル作品のため有料で[標準画質 500円(税抜)/HD画質 500円(税抜)]です。

 

TSUTAYA DISCAS / TSUTAYA DISCAS / TSUTAYA TVを初めてご利用する場合、初月登録は無料で利用できます

そして、その30日無料お試し期間中は「動画見放題&定額レンタル8」プランという月額2417円(税抜)のサービスが無料で利用できます。

さらに、このサービスには1080ptの動画視聴プレゼントがあるので、そのポイントを使って「ある女流作家の罪と罰」を視聴できます。

 

公式サイトで確認>>TSUTAYA DISCAS / TV

TSUTAYA DISCAS / TSUTAYA TVで有料レンタル作品を実質無料で観る条件

実質無料で観る条件を結論だけ簡潔に書きますと

TSUTAYA DISCAS / TSUTAYA TVをまだ一度も使ったことがない方

「動画見放題+定額レンタル8」プランに申し込む

これだけです。

 

30日間のお試し期間中受けられるサービス

動画見放題(※1)

CD・DVD借り放題(※2)

動画視聴に使える1100ポイントのプレゼント

※1「動画見放題」は新作・準新作などを除く 動画見放題対象作品 (約10,000タイトルの中から)

※2「CD/DVD借り放題」は無料お試し期間中は「DVD新作」は借り放題の対象外となっています。

 

条件内のご利用であれば無料期間中に解約すれば料金はかかりません

また、無料おためし期間後は「動画見放題」や「定額レンタル8」などへの移行が可能です。

※無料お試し期間終了後、通常料金(無料お試し終了後の料金)で自動更新となります。

 

ほかの動画配信サービスだと、ポイントを使って観ることができる動画はほぼ1つだけですが、TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASではポイントの利用とDVDのレンタルを含めると相当な数の作品を観ることが可能です。

男性にはアダルト作品がみれるのもポイントが高いかもしれません。

無料お試し期間後からのサービスがさらに充実

TSUTAYA DISCAS / TSUTAYA TVの「動画見放題+定額レンタル8」プランは30日無料お試し期間後からのサービスがさらに充実しています

・新作・準新作のDVDやブルーレイも8枚までレンタル可能

・旧作のブルーレイ・DVDが借り放題

・見放題対象作品の動画が見放題(約10,000タイトル)

・1,100円分相当が視聴できる動画ポイントつき

新作だけに絞って話をすると新作のブルーレイ・DVD作品が8本新作のレンタル配信作品が2本(1本540円として)の計10本も視聴可能なのです。

新作の映画やアニメがだいたい400〜500円(税抜)です。

新作を10本観ようとすると4000〜5000円はかかってしまうのでどれだけお得なサービスなのかわかっていただけるかと思います。

 

TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TVの「動画見放題+定額レンタル8」プランは

映画・アニメ・海外ドラマが大好きで、「新作もしっかり観たい」もしくは「新作をたくさん観ているがお金がかかって悩んでいる」という方に特にぴったりのサービスです。

 

サービスの詳細はホームページをご覧ください。

TSUTAYA TV公式サイトへ

※入会から30日間が無料期間となります。

music.jp

 

「ある女流作家の罪と罰」は有料レンタル作品で540円です。

 

テレビコース()に初めてのお申し込みの方は30日間無料でお試しできます。

※テレビコースはこの記事からご登録いただいた方が対象のコースで、公式サイトからは登録できません。

お試し期間中に通常ポイント600pt+動画ポイント1,000ptの合計1,600ptのプレゼントがあり、そのポイントを使って「ある女流作家の罪と罰」を視聴できます。

 

music.jpのサービス内容

music.jpの特徴は、動画、音楽、漫画・本など様々なコンテンツが楽しめること、毎月の動画ポイントのプレゼントがどの動画配信サイトよりもたくさんもらえるところです

通常のコース

  500コース 1000コース
月額料金 540円(税込) 1,080円(税込)
作品タイトル数 約18万本
ポイント付与 640pt+毎月1000円分の動画ポイント 1,330pt+毎月1000円分の動画ポイント

テレビコース

  テレビコース
月額料金 1,922円(税込)
ポイント付与 毎月「1,922pt+毎月3,000円分の動画ポイント」をプレゼント
無料お試し期間 30日(600pt+動画ポイント1,000ptをプレゼント)

 

無料お試し期間だけでもかなりのポイントプレゼントがあるのですが、テレビコースを継続して利用すると、毎月新作映画など(1本432円の場合)が11本も観れる計算になります。

・30日の無料お試し期間を利用するにはテレビコースへのお申し込みが必要

・テレビコースへのお申し込みは、この記事からご登録いただいた方が対象

・毎月新作映画を追加課金せずたくさん観たい方はmusic.jpのテレビコースが一番お得

・Mac(パソコン)は非対応

 

サービスの詳細は下記登録ページをご覧ください。

music.jp公式サイトへ

「ある女流作家の罪と罰」がお得に観れる動画配信サイト

TELASA(テラサ)

 

「ある女流作家の罪と罰」(字幕・吹き替え)は有料レンタル作品です。

 

※「旧ビデオパス」という動画配信サイト名から、リニューアルの際に「TELASA(テラサ)」へと名称変更しました。

このサービスは月額562円(税抜)なのですが、au IDを作成し、見放題プランへ初回ご加入すると15日間無料でお試しいただけます。

動画配信サイト「TELASA(テラサ)」のサービス内容をわかりやすく解説!

TELASA(テラサ)に登録をすると見放題作品が観れるうえに、毎月550円分のビデオコイン()というものが付与されます。

※550円分のビデオコインは無料期間終了後に付与(初回付与コイン数は、無料期間終了時の月の残りの日数で日割り)。

 

新作のタイトルはビデオコイン対象作品が多いので、毎月1本新作映画などの有料レンタル作品を観ることができます。

新作映画がいくらで見れるのか、一度公式ホームページでご覧になってみてください。本当にお得です。

 

auユーザーの方は月々の利用額に応じて「WALLETポイント」というものが貯まるのですが、このポイントを動画配信のレンタルに利用できます

WALLETポイントの使いどころがなくて持て余している方はTELASA(テラサ)は本当にオススメですよ。

私は知らない間に1400ポイントほど貯まっていました。

 

[PR]もっと詳細を見てみる

TELASA(テラサ)公式サイトへ

Amazonビデオ

有料レンタル作品ですが「ある女流作家の罪と罰」をAmazonビデオでご覧になりたい方は下のリンクから該当ページへ行くことができます。

「ある女流作家の罪と罰」ブルーレイ・DVD販売情報

DVDも発売中です。

「ある女流作家の罪と罰」の作品内容紹介

第91回アカデミー賞3部門<主演女優賞、助演男優賞、脚色賞>ノミネート。伝記作家として知られる、リー・イスラエルの衝撃の自伝を映画化した作品です。

あらすじ

かつてベストセラー作家だったリーは、今ではアルコールに溺れ、仕事も続かず、家賃も滞納、愛する飼い猫の病院代も払えない。生きるために著作を古書店に売ろうとするが店員に冷たくあしらわれ、かつてのエージェントにも相手にされない。どん底の生活から抜け出すため、大切にしていた大女優キャサリン・ヘプバーンからの手紙を古書店に売るリー。

それが意外な高値で売れたことから、セレブの手紙はコレクター相手のビジネスになると味をしめたリーは、古いタイプライターを買い、紙を加工し、有名人の手紙を偽造しはじめる。様々な有名人の手紙を偽造しては、友人のジャックと売り歩き、大金を手にするリー。

しかし、あるコレクターが、リーが創作した手紙を偽物だと言い出したことから疑惑が広がり…

キャスト・監督

レオノア・キャロル・イスラエル(リー) …  メリッサ・マッカーシー(唐沢潤)

ジャック・ホック … リチャード・E・グラント(原康義)

アンナ … ドリー・ウェルズ(小林さやか)

マージョリー … ジェーン・カーティン(野村須磨子)

エレイン … アンナ・ディーヴァー・スミス

ポール … スティーヴン・スピネラ

アラン・シュミット … ベン・ファルコーン

ネル … シェー・ドリン

ハリー … マイケル・シリル・クレイトン

トム・クランシー … ケヴィン・キャロラン

ロイド … マーク・エヴァン・ジャクソン

クレイグ … ティム・カミングス

カート … クリスチャン・ナヴァロ

アーリーン … ジョアンナ・P・アドラー

 

監督 … マリエル・ヘラー

脚本 … ニコール・ホロフセナー,ジェフ・ウィッティ

原作 … リー・イスラエル『Can You Ever Forgive Me? 』

音楽 … ネイト・ヘラー

タイトルとURLをコピーしました